墨族2015カタログ
8/32

08SUMIZOKU 2015 CATALOG零王編STAFFREVIEW進化する定番、その実力。墨族フィールドスタッフが体感した、零王のリアル。墨族初となるシャローモデル、その使い心地とは?自身のスペシャルカラーの解説とともに零王の参考にしていただきたい。簡単にエギを運びやすくなった。 零王の登場により墨族は、ウィードエリアに着くスポーニングを意識した春イカとフィーディングする各シーズンの個体に対応するべく、エギに関して無敵とも言える完成形のラインナップとなった。● 透き通ったリアル感    上布のない硬質な感触のエ    ギ。吸盤にある角質環歯の   アタリを、よりダイレクトに   感じとれる。空気や水の抵抗   も極力抑えられるため、感覚   的ながら飛距離や引き重り感     が若干向上したタイプ。     車海老を模した横縞で横     方向への動きに視認性を     与え、シャローエリアで      緑藻類の緑の波長を映         すベイトの鱗を表現し     たカラー。 ニューウエポン、零王【 ゼロワン】。キャストフィールにおいて零王は重心移動システムを備えているのでエギングシーズンに多いアゲンストや横風にもブレにくく、「スコーン!」と気持ち良いくらいにカッ飛ぶ! サーフェイスに浮くイカの個体に関して、シャロータイプのデメリットである「シャクった際の水面上への飛び出し」でイカを散らしてしまう事が多いが、零王はそのバランスと形状でデメリットを極力抑え、メリットへと移行させる事に成功し、テンポの速い釣りも可能となった。 シャロータイプのメリットとしてウィードエリアでの沈み込みや岩礁エリアでの食い込みも少なく、ストラクチャーをダイレクトかつタイトに、またステイさせるなど、スローな釣りが展開できる。この時に内蔵されているラトルが良い効果を醸し出してくれる。 ノーマルまたはディープタイプとの使い分けとして、シャローエリアはもちろんだが、私的には敢えて流速のあるポイントで「ドリフト」の釣りとしての多用が望める。沈下速度がスローであるのを利用して水面上まで浮上してくる高活性な個体に的を絞ったテンポ良い釣りや、ドリフト(流す)させる事によってイカの滞留しやすい潮や、流れのヨレに大伴 渓児Keiji OtomoシュリンプタッチShrimp Touch増田 将輝Masateru MasudaアメザリAmezari 期待のニューフェイスは、カッ飛び系シャローモデル。従来の墨族と比較して沈下速度がゆっくりなので、水深のないところはもちろん、エギをゆっくりと魅せたい時も有効な仕上がりとなっている。 実釣でもしっかり動き、シブイ状況でも上々の釣果を出せたので期待十分。● スレイカ攻略カラー     日本海を始めとする陸っぱ    りエリアに多い遠浅の砂浜   に映える赤をベースに、アオ   リイカの好物であるエビをイ   メージしたカラーリング。深   紅のボディにゴールドのライ    ンで描かれたエビ柄は、昼     の日差しで光って目立ち、     ローライトコンディショ     ンでは鮮やかなコントラ      ストとなり、イカにア      ピール可能。朝・昼・     晩と一日中シーンを選ばず使い続けられるオールラウンダー。周囲にアピールし、スレたイカを誘う。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です